ワンルームマンション売却の流れ

query_builder 2024/02/20
ワンルームマンション

ワンルームマンションの売却が決まり、決済へ向けての流れをご説明をします。


1 決済日の確認

決済日付、所有権移転日を確認します。



2 賃貸管理会社に連絡

サブリース契約や管理業務代行契約を締結している管理会社へ所有権移転日と所有者が変わること、賃貸管理を新しい所有者に承継するのか解約するのかを連絡します。



3 金融機関に連絡

ローン借入先に決済日を伝えます。後日、金融機関から書類が届きます。その中でも繰り上げ返済の計算書(決済日にいくら金融機関に支払うかの計算されている書類)は売却金額と照らし合わせ、不足があればご自身で不足金を用意しないと所有権が移転できないため注意が必要です。



4 司法書士との連絡

所有権移転は、買主指定の司法書士に委任することが一般的です。まず売主との本人確認があり、委任状など書類を記入します。

以下

■登記識別情報または登記済権証

■住民票 印鑑証明書 戸籍の附表(引っ越しを繰り返している方で登記簿謄本記載の住所と現住所が違う方)

■本人確認書類

の書類を司法書士に預けます。



5 建物管理会社に連絡

管理費や修繕費を支払っている、建物管理会社に決済日、所有権移転日を連絡します。区分所有者変更届の記入をします。買主側がメインとなる書類ではありますので、業者とご相談の上、手続きします。管理費修繕費は口座振替が基本で、日数に時間を要するため、清算をする際に重要です。



6 清算書の確認

売却金額から、家賃、管理費、修繕費、固定資産税、を買主と清算します。本来所有権移転日にて売主の権益である家賃と支払い義務にある管理費修繕費は、買主に移転されますが、決済日によって日割り計算が必要で、また家賃の入金の切り替え、管理費等の口座振替手続きの切り替えに日数がおおよそ1から2か月くらいかかるため、買主とその部分を調整します。固定資産税は売主に請求が来ていますので、所有権移転日にて日割り計算するなど、こちらも買主と調整するために清算します。司法書士費用、そのほか売却にかかった費用などがあれば、決済日にて清算されることが一般的です。



----------------------------------------------------------------------

ワンルームマンション売却相談センター

住所:東京都千代田区岩本町1-2-11 渡東ビルディングアネックス

電話番号:03-6824-1089

----------------------------------------------------------------------