最近の不動産市場に関する注目すべきニュース

query_builder 2024/02/15
一棟マンション
画像1371
画像1371

ワンルームマンションとは直接関係はないのですが、昨今の不動産市況をお伝えします。


最近の不動産市場に関する注目すべきニュースとして、日本の商業不動産投資量が2023年に大きく減少したことが挙げられます。具体的には、2023年の商業不動産投資量が前年比で57%減少しました。この減少は、特にオフィス物件の取引量の大幅な下落によるものであり、外国投資家の慎重な姿勢が影響しています。これは、不動産投資家が2024年に購入量を増やす意向が減少していることを示唆しており、市場の購入意欲の低下が予想されます(World Property Journalより)。 また、東京の中心部にあるコンドミニアムの平均価格が初めて1億円を超えるなど、東京の不動産価格が記録的な高騰を見せています。これは、高級物件の増加や建築資材価格の上昇によるもので、今後も価格の上昇が予想される状況です(The Japan Timesより)


建築資材の高騰は、コロナやロシアとウクライナの有事、為替の影響など、他いろいろな影響は受けていると思いますが、新築ワンルームマンションは当然、建設費の部分で影響が出ています。

新築ワンルームマンション価格は高騰しており、中古ワンルームマンションにもよい意味で価格の高騰が期待できる状況です。


ご売却にむけての市況は、良い状況と判断できると思います。


是非売却をご検討されている方は、ご相談ください


----------------------------------------------------------------------

ワンルームマンション売却相談センター

住所:東京都千代田区岩本町1-2-11 渡東ビルディングアネックス

電話番号:03-6824-1089

----------------------------------------------------------------------